SRI (Socially Responsible Investment)
社会的責任投資

投資をおこなう際に、従来の財務分析による投資基準に加え、投資先企業の社会に対する貢献や責任を重視して投資をする方法。社会的な責任に対する意識が強い会社は、長期的、持続的に業績を高めていける会社である可能性が高いという考えに基づいている。

1920年代当初、米国のキリスト教が教会で資産を運用する際、「タバコ・アルコール・ギャンブルなど教義からは許容しがたい業種を投資対象から排除する」としたことが発端になったと言われている。